えむ調剤薬局

副鼻腔炎

副鼻腔炎とは、副鼻腔(上顎洞・篩骨洞・前頭洞・蝶形骨洞)に炎症が起こる病気です。
主な症状は、顔の痛みや頭重感や黄色や緑の鼻汁・鼻づまり、鼻の中の悪臭、後鼻漏などです。一般に片側だけに発症します。

原因は、風邪などによって細菌やウィルスが鼻腔に感染し炎症を起こすことで、炎症が副鼻腔にまで広がることで起こります。粘膜の炎症が長引くと慢性化し、症状が3か月以上続いたものを慢性副鼻腔炎(蓄膿症)と言います。気付かないうちに蓄膿症になっていることもあり、歯科にかかってレントゲン撮って分かったり脳外科でたまたまCT撮った時に分かることもあります。
副鼻腔炎は治療せずに放置すると、歯が痛くなったり視力が落ちたり脳に炎症を起こすことがありますので、気になる症状があれば早めに耳鼻科を受診しましょう。